So-net無料ブログ作成
検索選択

街中でのドッグビヘイビアリング(実家の犬編) [Dog Behaviouring]

久しぶりに日本に帰ってきています。

我が家のイングリッシュコッカースパニエル

相変らず絶好調で、かなりテンションが高い3歳雄です。

この顔を見たら要注意!なですが、とても内弁慶で外面が良い。

誰に似たんでしょう?なんて思いながら、「イギリスに2年もいた僕とは、もう関係ないね」とか言ったりして。

やんちゃですが憎めず可愛いヤツです。

029.JPG
我が家の犬 もう僕の犬じゃなくて、家族の犬ですね

今日は街中でのドッグビヘイビアリングについて書いてみます。

皆様も慣れないこの言葉「ドッグビヘイビアリング」ですが、いつでもどこでもだれにでも始められるのが魅力。

ですので、今日の僕の体験を是非参考にしてみて下さい。

**********************************************************************

「あ、喉が渇いたなぁ」と昼間にふと思いました。

だけど、一人で自動販売機コンビニに行っても味気ない。

だから、「犬を連れて散歩でも行くか犬が外に出れるチャンスは意外にこんなものだったりします。


暫らく一緒に散歩してなかったから、てっきり我が家の犬の性格・考え方とか、散歩のスタイルや歩き方、何が気になって何が怖いのか、何を考えているのかが解らなくなっていました。

そこに出てきた自動販売機

k895400917.jpg
こんな感じの自販機は日本国内ではどこでもありますよね

今までリズム良く散歩してきたのに、急に止まってポケットをごそごそするこの散歩のパートナー犬は興味津々

あ、これはチャンスかも」なんて思うのが、ドッグビヘイビアリストなんじゃないかな、と。

それは何故か。ずっと前から言い続けているように、「新しい何かを犬と共に乗り越えるチャンス」だからだと思うからです。

そして何度も言うように、「犬が興味を示している時」、もしくは「犬が何かに集中している時」にしか、強烈なインパクトを残す事が出来ません。

それはドッグトレーニングも同じ。だらだらやって、ドッグトレーニング方法を覚えるのは飼い主だけ、は集中している時にささっとやれば直ぐに理解して次のステージに行ってくれます。


そして…

ポケットから出てきた500円玉。恐らくビスケットか何かだと思って目が丸々です。

これをまず臭いを嗅がせる。納得すると興味がなくなる。

でも、その興味の無くなった500円玉が、この目の前の大きなマシーンの口に吸い込まれていく。

「がちゃがちゃ…ちゃりーん」

音と共に電気が点く。

ここを押すよ~」とか良いながら、犬の目の集中を指先に乗せ、一気にボタンを押す。

「ドシャガシャ、ゴロローン

ベンダーの一番下に缶ジュースが1つ。

必死になって取り口を覗く犬

「待てよ~」と良いながら、お座りさせて取り口から缶ジュースを取り出し
「こんなだよ~」と声をかけながら、缶ジュースの匂いを嗅がせてやる。

納得したは、それ以上自動販売機への興味を持たず、恐らく次に自販機でジュースなり買う時は安心しているでしょう。


自販機でジュースを買うことなど日本人にとっては当たり前の事ですが、あまり外の世界に馴染みの少ない犬たちにとっては冒険も良い所です。

そういった興奮する経験飼い主と一緒に冷静に乗り越えてやる

これがドッグビヘイビアリングの基礎であり、犬との信頼関係を結ぶ最終形態ではないのかなと思います。


是非皆様も、犬と会話する事、そして犬の気持ちを汲み取りながら興味を持たせつつ壁を一緒に乗り越えていく事を心がけて、日常の散歩にお出かけになられては如何でしょうか?

しもたく
nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 1

コメント 6

ネロ

こんばんは^^
職場でお昼ご飯を食べながら、「集中。うーむ、集中…。集中って、いったいなんだろ…???」と考えてました。
もちろん、言葉の意味としては分かっています~(笑)

> そして何度も言うように、「犬が興味を示している時」、もしくは「犬が何かに集中している時」にしか、強烈なインパクトを残す事が出来ません。

リコールに必要な集中も同じでしょうか?
この場合のターゲットは違うものだから、当てはまらない?
なんだか、どつぼにハマってきました^^;
でも、
『そして何度も言うように』にピ~ンっ!
しもたくさんのブログをしっかりと読ませて頂きたいと思いました ^-^

> 是非皆様も、犬と会話する事、そして犬の気持ちを汲み取りながら興味を持たせつつ壁を一緒に乗り越えていく事を心がけて、日常の散歩にお出かけになられては如何でしょうか?

飼い主として、一番求められる心の在り方ですね。
ぱとらには壁がたくさんありそうです。それも、すごく高いのが…。(笑)
目線を変えてみたら、「あれ?たしたことないや!」と彼に思ってもらえるように、日々、取り組んでみたいと思います^^
by ネロ (2011-06-09 23:11) 

takuyashimomura

ネロさん

コメント有難うございます。

壁そんなに高くないと思います。
例えば、飼い主がそう思ってしまうことも大きな壁を作る原因になってしまうかもしれません。

ボールとかご飯に引き寄せられる犬は、それを利用しない手はないと思うんです。
僕自身がリードを持ったときは、素直にどんなことを考えているか知りたかったので何も持ちませんでしたが、例えばボールを使って強い集中が引き出せるなら、それを利用して楽しく賢くなっていくというのは当然出来ることだと思うんです。

考えさせすぎちゃいましたかな??
by takuyashimomura (2011-06-12 10:41) 

モクママ

昨日青山にてご挨拶させていただきました。
楽しかったです。いろいろとお話聞かせて下さり、ありがとうございました。

スタッフよりブログのことを教えていただき
訪問させていただきました。

 面白いですね~。「犬を飼う」ということが
こんなにも奥深いとは・・。

犬のこと、知れば知るほど興味が湧いてきます(*^^)v
数十頭との犬の生活、もっと密に過ごせばよかったと思います。
これからも時々お邪魔させていただきたいと
思いますのでよろしくお願いします。

by モクママ (2011-06-13 09:24) 

takuyashimomura

モクママさん

こんにちは、コメント有難うございます。

皆さん、自身がドッグビヘイビアリストだと思うのです。
モクママさんはとても犬のこと愛されている雰囲気が出ていましたから、それが一番素晴らしいことだと思います。

ブログ、負けずにがんばって書いていきますね。
精進精進!
by takuyashimomura (2011-06-15 09:24) 

mocca mama

初めまして。この6月にロンドンへ引っ越してきました。メス柴のモカちゃんも一緒です。
今は仮住まいのサウスケンジントンにいて毎日ケンジントンパークでお散歩をしています。
公園全体ドッグランのようになっていてビックリ!名前を呼んでもなかなか来ないウチの子、最初は怖くてリードを外せませんでしたが、最近猛特訓の末、リードはまだつけていますが、自由に走らせられるようになりました。もっと練習してちゃんとくっついて散歩してくれるようにしないと。。。何か良いアドバイスありますか?お腹をすかせてお散歩に行き、ご褒美を沢山持って散歩に出る、が今のところの対策です。
by mocca mama (2011-07-07 17:22) 

takuyashimomura

mocca mamaさん

初めまして、コメントありがとうございます。

ケンジントンにお住まいとのこと、あのエリアは公園も多いのでロンドンの中でも住みよい街だと思います。

リコールは日本から出張する犬にとっては最初の難関といってもいいでしょうね~。日本でそういうチャンスは少ないでしょうから、反対にそういうトレーニングを全くしていないのも事実です。

mocca mamaさんのように、猛特訓あるのみですが、フードでのリコールができるなら、その後おもちゃを使ったり、声だけで呼べるようにしてみたりとご自身と犬へのハードルを高めていくのはいかがでしょう?

犬の空腹に訴えかけたり、フードに頼るのではその後の信頼につながってきますから、moocca mamaさんのところに戻りたいという真のロイヤリティが築ければ犬も飼い主もハッピーですよね。

是非、頑張ってください!
by takuyashimomura (2011-07-07 19:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。