So-net無料ブログ作成

失ってはじめて気付く家族という大切なもの

久しぶりに一週間まるまるのお休みを頂きました。

気付けばこんなことって日本人だと中々ないですよね。小学校中学年くらいからですかね、休みの日も塾に行ったり、中学校を過ぎればクラブ活動で、大学に入ると旅行行ったりバイトしたり。社会人になったら一週間休みが取れる方が稀みたいな(そんな企業ばかりではないでしょうけれど)それが当たり前な雰囲気ですよね。

というわけで、一週間の休みをとっても今回は何もせずぼーっとしてみました。家で本を読んだり、ぷらっと散歩に出かけたり、ドラマ見たり、料理作ったりと主夫のような生活をしてみました。この生活に犬が+されてて、しかも生活が保障されてたりなんかしたら、あー結構幸せかも。なーんて思ったりしました。

他愛のない事をshare出来るのは、ものすごい幸せなことなんだろうなと。だからこその不満みたいなものも良く解るんですが、それでは心のやすらぎなんてものはずーっと来ないわけで。やっぱり自然感じたり、犬がそこにいてただイビキをかいて寝ていたりという当たり前が結構幸せなはずです。

そんなことに感謝したいなと思い、つい先ほど家族に手紙を書きました。文字が読める人間同士の会話は楽ですね。普段言えない様な事は手紙にしたためてしまえばいい。だからこそ面倒くさい関係なのかもしれませんが、そうやって不器用でも感謝の気持ちを伝える事にしました。居なくなってからでは遅いので、なんとなく「心の余裕がある今のうち!!」というように感じたからです。


犬という動物は、犬種や性格にもよるんでしょうけれど、結構な割合で「そこにいるのが当たり前」という存在になりがちです。基本的に主人が動くとついてくるわけで、なおかつ居なくなると不安になったりしてくれる愛くるしい動物です。

だからこそ、人間にとって(飼い主にとって)犬が居なくなった時の衝撃は大きい。それはもう、もしかしたら家族の誰よりも大切にしてたかも知れない存在が、しかもそこにいて当たり前の存在が急に居なくなるわけで。そういう時のショックは何物にも代えがたい。

「万物は変化し続けるもの」なんて悟りがあれば別ですが、ずーっと当たり前で普通に生活してればしてるほど、居なくなると困ってしまう。それが家族ってもんです。もしかしたら、居なくなった時に初めて、「あ、家族だったんだ」って気付くのかもしれない。


しかも、小さいころから犬と生活してきている人にとっては

朝起きて「おはよう!」って寝ぼけながら言って、毎日散歩行って、ご飯あげて、学校や会社行く時にバイバイして、帰ってきたら「ただいま!」って声かけて、また散歩行って、ご飯あげて、夜ゆっくりして眠たくなったら「おやすみ!」って声かけて

というのを、一週間も一カ月も一年も。ラッキーな人は10年も20年も、犬とそんな生活し続けているわけです。

P8294670.JPG

こういう存在が失くなった時、人はどうやって立ち直るんでしょう。色んな方法あると思うんですが、僕は「感謝」をお薦めします。普段から出来ていればベストなんですけど、完璧な人間じゃないからそんな自分の周りを何時もうろうろしているアイツの事なんて、毎日感謝するほど暇じゃないです。でも感謝が一番。失ったらきっとそう思うはずなので、経験者として一緒にいる今このタイミングから感謝することをお薦めします。

人間なら、みなさん手紙でも書くんでしょうか。それとも高級ディナーかな。いやいや、ダイヤモンドだったりして。手作り料理かな。マッサージでしょうか。

相手の好きなこと、好きなもの、幸せだなと感じてくれること。それを探して選ぶことも、そしてそういう事をしようとして、実際に行動に移しちゃうことも感謝の一歩だと思います。

言葉の話せない犬にはどうやって感謝の気持ちを伝えましょう。僕はジャーキーや誕生日ケーキじゃないと思うなー。犬にとって幸せなこと、それはただそばにいることだったりするかも。

そんなのいつもやってます。という人は、感謝の気持ちを持って一日過してみると良いのかも。純粋に「お前がいてくれて本当幸せ」って想いながら、うっかり口に出しちゃうくらいが丁度いいんじゃないでしょうか。

言葉が話せない分、そういう気持ちや心を理解するセンサーは、人間の何十倍も強い動物だと思います。感謝感謝日々感謝。今日も一緒にいてくれてありがとう。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 2

コメント 2

瞳

初めまして。たまたまネットでこのサイトを見つけました。

実は私の友達の実家で飼っていた犬がいるんですが、かなり強く噛む癖があり(特に食後)、友達の両親はほんとに困っていました。友達のお母さんは、その犬の事や他のいろいろな問題が重なってしまい、精神的に病んでしまって入院する事になってしまいました。高齢のお父さんの方も、そういう事態になってもう完全に弱り切っていて、その犬は数ヶ月、訓練士の所で預かってもらっています。
未だにお母さんの状態も良くならず、犬をまた飼うどころではなくなっていて、犬の里親を探す事になりました。
一度運良く見つかった里親に引き取られたものの、訓練士の所では全く見られなかった凶暴性が出て、飼い主の顔を噛んでしまったようで、また訓練士の所に戻ってきています。このまま噛む事を承知で引き取ってくれる里親が見つからなければ、保健所に連れて行かれるそうです。
そういう事情を聞いて、私も何か協力できる事は無いかと、ネットでいろいろ調べましたが、凶暴な犬の殺処分については、賛否両論が書いてあり、私自身もどうする事が正しいのかわかりません。殺すのはかわいそう過ぎると思う反面、新しい里親にまた飼われた所で、怪我を負わせる可能性が高いと思うと、それもどうなのかと思うのです。

直接私に関わる事ではないですが、今回の件で犬の殺処分についてなど、いろいろなことを学んだし考えさせられました。私の中での答えはまだ出ていませんし、今まだその犬の里親を探している状態で、問題は何も解決していません。

しもむらさんはどう思いますか?なんでもいいので、よければお聞かせ下さい。
突然現れて、こんな質問をして済みません。
by 瞳 (2013-04-21 06:32) 

奥山 和貴

初めまして。
突然のメッセージ失礼いたします。

私、東京でペットに関する番組を制作している者です。
当番組内にて、今回海外と日本のペット事情の違いを紹介させて頂きたいなと考えております。
ブログを拝見させて頂きまして、掲載されておりますお写真を放送内にてお借り出来ないかご連絡させて頂きました。

宜しければ、詳しくお話させて頂ければと思っております。お忙しい中申し訳ございませんが、是非一度ご連絡頂けませんでしょうか。

宜しくお願い致します。
pet.bdash@gmail.com
by 奥山 和貴 (2014-12-22 20:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。