So-net無料ブログ作成
Dog Rights ブログトップ

殺処分を救った高校生 (Mixi ニュースより引用) [Dog Rights]

先日のMixi ニュースより、興味深い記事があったので引用します。

untitled.JPG
ニュースに取り上げられた犬 アイ

毎日jpより引用

殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う

山口県下関市の高校1年生が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。  この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。  「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。  「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。  飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。  下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。

毎日jpより引用終わり

DSCN4655.JPG
未だに飼い主が決まらないGoldie

動物愛護精神というのはこういう事だと思います。

人間がした間違った行為に対して、ペットはその様な扱いを受けるべきではないと考える倫理がそうさせるのだと思います。

牛や羊などの家畜でもこうなるでしょうか?というと、疑問です。
逆に言うと、犬がそれだけ人間に近い存在として世間に認められているとも言えます。

このような形で、善意で命を救った人の行為は保健所や動物愛護センターに届ければさっ処分という形で締めくくられるのが日本の現状だという事です。
勿論全ての形がそうではないでしょうが、これが一般的(日本のスタンダード)だと考えても良いと思います

DSCN4876.JPG
今年のクラフツの様子

捨てられる犬、逃げ出した犬、さっ処分される犬などが多数いる一方で
上の写真、クラフツの様な華やかな世界も犬を取り囲む環境です。

共通しているのはどちらも人間の勝手であるという事。

犬は人間と暮らして生きているのだから仕方がないという考えも否定できません。

それらを総合して考えるべき問題がAnimal Welfare(動物愛護)であり、Animal Right(動物の権利)なのだと思います。

Crufts開始前々日でのイギリス一面ニュース ~イギリスの犬問題~ [Dog Rights]

今朝、起きてTVをつけるとBBCから「Dog」との声が聞こえる。

「何々?」とTVを見ていると、どうやらイギリスの犬(特に、ギャングがステータスとして持つ強面の犬)が問題を起こしているらしい
詳しくBBCのONLINEでチェックしてみました。

以下、昨日に引き続きBBCのニュースを少し引用します。

All dogs to be insured in proposals on dangerous breeds. Police and local councils could also get new powers to force the owners of dangerous dogs to muzzle them or even get them neutered. Each week, more than 100 people are admitted to hospital after dog attacks. The government wants to amend the 1991 Dangerous Dogs Act, under which four types of dogs - the pit bull terrier, the Japanese tosa, the dogo Argentinos and the fila brasileiros - are banned. Home Secretary Alan Johnson said: "Britain is a nation of animal lovers, but people have a fundamental right to feel safe on the streets and in their homes. "The vast majority of dog owners are responsible, but there is no doubt that some people breed and keep dogs for the soul purpose of intimidating others, in a sense using dogs as a weapon.


全ての危険な血統の犬は、保険によってカバーされてなければならない。
警察と地方議会は、危険な犬のオーナーに対してマズルの装着や去勢を促す事ができる。
毎週、100人以上の人が犬の攻撃の後に病院を訪れている。
政府は1991年の危険な犬に対しての法律で、次の4種を飼ってはいけないとしている。
ピットブル・土佐犬・ドゴアルヘンティーノ・フィラブラジレリオスの4種。
イギリスは国家的な動物好きだが、人間は外の通りまた家で安全を感じる基本的な権利を持っている。
ほとんど多くの犬の飼い主は責任を持っているが、少なくとも武器として使用したり、威嚇したりする目的で危険な犬を飼ったりブリーディングしている飼い主もいる。

犬好きのイギリスでさえ、この問題が浮上する。もしくは犬好きだからなのかも知れないです。

犬をまともに飼いたいという人がたくさんいる一方で、犬を使って人を噛ませたり虐待したりというネガティブな人もたくさんいる

法律で規制する事によって、多くのネガティブな問題は解決されるように見えるが、その為に多くの健全な犬好き達の権利が奪われていくのも事実である。

非常に興味深い問題です。今後どうなっていくか、あえてCruftsの前だから一面で報道されたのか、見ていきたいと思います。

それにしても、このニュースがトップで流れるイギリスという国は基本的には犬好きなんだと思います。

スイスでの動物愛護活動 [Dog Rights]

知人より面白い内容の記事を教えてもらいましたので、転載します。
スイスでの犬の愛護状況について、少し勉強できる内容です。

DSCN4648.JPG
白の小太りサモエド バーニー

以下、BBCの原文を少し引用します。 ( http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/8554012.stm )

Switzerland rejects move to provide lawyers for animals. Animal rights groups had proposed the move, saying that without lawyers to argue the animals' case, many instances of cruelty were going unpunished. But the measure was rejected by around 70% of voters in a referendum. Switzerland already has some of the strictest animal welfare legislation in the world. Dog owners have to take training courses to learn how to care for their pets.


【意訳】
スイスは、動物の為の法律家集団を準備する動きを拒否しました。
法律家が居ない状態での動物に関する訴訟では、残酷な多くの例で無罪になっている事が多い
しかし、法案は国民投票の約70%によって拒絶された。
スイスでは既に世界で最も厳しい幾つかの動物保護の法律がある。
犬の飼い主は、かれらのペットをどのように飼うかについて、トレーニングコースを受けなければならない

DSCN4657.JPG
寂しがりシュナウザー エルビス

法律を定めるとお金が掛かるんですね。これだと日本の政府が、動物保護に中々動かない理由もわかる気がします。

ここまで厳しくする必要は無いにしろ、個人的な考えでトレーニングが一般化していけば嬉しいですね。ペットと家畜が混在している中、ペットとして扱うにはそれなりの責任が伴う事がもっと理解されれば、より良い犬文化が築けると思います

DSCN4634.JPG
従順だったラーチャー メーブル

写真の3匹は、新しい飼い主が見つかって帰っていきました。

犬舎で働いている者にとっては少し寂しいですが、改めてトレーニングされた犬が新しい飼い主を見つけて帰っていくことは素晴らしいことなので、とても嬉しいです。

今日も頑張って、犬をトレーニングしています。

犬の殺処分 ~日本とイギリスでの違い~ [Dog Rights]

DSCN3819.JPG

私的な話ですが以前、So-netブログを始めるまではmixiを使用していました。現在では知らない人の方が少ないくらいで、そのコンテンツも充実していて非常に面白かったです。

海外に居る僕にとっては、Yahoo!ニュースの様にあるMixiニュースがとても役に立っていました。おそらく、世代や地域、興味のあるものによってニュースが振り分けられているので、当然面白そうだと思う記事がポップアップし、クリックする回数も自然に増えてしまいます。

何が「犬の殺処分」ですか?という話ですが、先程mixiニュースを見ていた時にYomiuri onlineからのニュースを取り上げていて、その記事に少し心が動いたという話。

【こちらの記事です】
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=20&id=1126530  or
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100228-OYT1T00006.htm

【見れないかもしれないのでポイント要約】
・栃木県と宇都宮市が、犬や猫の引き取りを昨年6月から有料にした。
・成犬、成猫が1匹3000円、子犬、子猫が600円の引取料を徴収している。
・昨年の半年間に引き取った犬、猫の数は1238匹で、前年同期(2235匹)に比べて45%減少した。
・引き取られた犬、猫は、原則としてすべて殺処分となる。
・センターでは、引き取り希望者がほかの飼い主を探すなど、引き取りを避けるよう努力したか確認したうえで、最後の手段として引き取っている。
・「かみつく癖が直らないから」という理由だけで引き取りを希望した飼い主に、同センターが専門家に調教を依頼するよう提案し、引き取りを回避したこともあるという。
・一方、県と宇都宮市で08年度、迷い犬や捨て犬の捕獲数は2206匹で、このうち飼い主に返されたのは12%にあたる272匹にとどまった。保護期間(4日間)を過ぎた犬は殺処分となる
・同センターは、子犬の譲渡会や犬のしつけ教室などで参加者に対し、犬を係留しておくことや、飼い主の連絡先がわかるように個体識別マイクロチップを犬の体に埋め込むことなどを勧めている。

DSCN4435.JPG

【僕が感じた事】
・何故、引き取りが有料ではなかったのか?
もともとこの問題が無ければ良いわけだけれども。
・何故、子犬と成犬で料金が違うのか?(大きさの問題ではなく、命として)
有料だとしても、結局は荷物や物扱いである事。
・専門家に調教を依頼するよう提案した調教師はどこの誰なのか?
その専門家は問題を解決できるか?また、本当に解決可能な問題なのか?
などなど…。
・犬は係留するものなのか?
日本では、まだまだその認識です。家飼いは非常に少ない。

専門家を目指す上で、知らない事も多すぎましたが、それ以上にセンターと同じく表現されているAnimal Welfare Centreで働いている人間として、イギリスと日本にはとても差があると実感

勿論、これは役所の仕事。ボランティアや寄付団体では、実態は違うと期待したい。(少なくともちゃんとしたそういうセンターはありました。)しかし、こういった動物を救う団体というのは日本では数少ない。まだまだ、日本人の動物に対する姿勢や考え方が変化していないからだと思います。それにしても、この役所のルールではまだまだ甘い気がします。

「犬が捨てられる」という出来事は、日本ではほぼ「犬の死」を意味する。という事は、「犬が飼えなくなる」という状態は、犬の飼い主にとっては絶対避けなければいけないのではないか。(少なくとも犬が好きならば、そうではないか。)

DSCN3794.JPG

・飼う(=買う)時の相談はしないのか。また、だれがするのか出来るのか。 ・飼った後はどうするのか。それを知ってて飼ったのか。また、そういう事を考えたか。 ・飼えなくなった時はどうするのか。そういう可能性を考えていたか。

日本に住んで、犬を飼っていたからわかる事は…

・ペットショップはとても面白い。
・確かに成犬よりパピーの方が可愛い。
・犬のトレーニングが出来ていないと住み辛い。
・問題は飼い主にあるのに、犬のせいにしてしまう。
・完全に飼う日本人側の犬に対する知識不足である。


「犬が捨てられる」という出来事は、日本ではほぼ「犬の死」を意味する。

やっぱり、この環境変えなきゃと思います。

DSCN4438.JPG

上に出てきた犬達は全て捨てられ犬。みんなとっても可愛いですよ。実際に新しい家が見つかっていきました。そういった犬達に生きるチャンスを与える方が、やっぱり良いと僕は思います。

・飼う時に「飼いたい家族」が犬に対しての責任を持つように。そして、相談できる信頼できる誰かが居るように。 ・飼った後のケア(しつけ・トレーニング)は、飼い主が責任を持つように。そういった事が「美」とされる文化になるように。また、そういった専門家が増えるように。 ・飼えなくなった時の状態を最悪として、引き取れる正しい機関が増えるように。また、そういった部門への資金面、教育面での充実がはかられるように。

「犬を視る」という事は、日本では「犬の死」を未然に防ぐ事かも知れません。
「この犬が自慢のパートナーです。」と、言える飼い主が増えるように。


「犬が捨てられる」という出来事は、日本ではほぼ「犬の死」を意味する。


改めてこの意識を自分の中に植え付けておきたいと思います。
Dog Rights ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。