So-net無料ブログ作成

ご無沙汰しておりました。しもたくです。 [About me]

イギリスから本帰国して3カ月が経とうとしております。

なのに、全くブログが更新できず申し訳ありませんでした。

実は6月末のイギリスチャリティーツアーの準備に。
それから、その後のフォローに。
はたまた、8月に始めたイングリッシュケイナインケアリングサービス事業準備に。
お客様とのコンタクトに。

と、意外や意外、大忙しでやっております。

その中で、3本のビデオが作れたのも
撮影協力頂いた皆様のおかげです。

その恩返しとして是非こちらのmovieをお楽しみくださいませ。

また、今後ともなにとぞよろしくお願いたします。

しもたく


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

東京で「イギリス犬文化について」の講演会を行います(駒沢大学付近) [About me]

東京でのツアー告知活動開始から早くも2週間が経過しました。

という事は、気付けばイギリスから離れて約1ヶ月が経つという事です。

早かった2週間ですが、充実さすべく東京横浜と縦横無尽に走り回っております。

先週末は六本木ヒルズ服を着た犬を500頭集めるというイベントを見に行き、日本の犬好きの様子、また彼らの犬との接し方について多くを学びました。

気付いた事は、僕に出来る事はこれじゃないか!と。

海外で犬に興味のある人をマスターゲットにして、日本の犬事情をインターネットで伝えていくという事に非常に将来性や情熱を感じました。

これも今後、自分の軸(ライフワーク)になるような気がします。

DSCN8106.JPG
犬のボランティアで集まった方々と写真を撮影しました 犬を通して本当に多くの様々な人々が関わりあっていると実感】

それと、イギリスにて実体験した「犬文化」について、それを受け入れる許容のある人へ伝えていく事も大切な仕事だと思っています。

それが出来れば、今度は「犬や動物があまり好きでない」人へ向けて、どういう情報が発信できるのかについて興味があります。

僕は犬は素晴らしいと感じているし、出来るだけ多くの人にそういう気持ちを持って欲しいと思っています。

その際、将来的に「犬が苦手」だと感じる人へのアプローチは、犬のプロフェッショナルとして本当に大切な仕事だと思うのです。

***************************************************************************

さて、そんなイギリスにて実体験した「犬文化」を、英語で学びながら伝えていくという思いが形になりました。

今週木曜日(19日)の17時~18時半まで、駒澤大学の近くのショップにて英語で学ぶEnglish Dog Culture(イギリス犬文化について)講演会を開きます。

詳しくはこちらをご覧下さい。
【英語で学ぶEnglish Dog Culture】
http://doglifedesign.com/program/?id=150

Dog Life Designという、まさにこれから日本が必要としている「犬との生活構築」について提案しているショップです。

犬とのライフスタイルについては、日本は必ず海外に学ばなければいけない部分があります。

それは日本の犬が「ペット」という西欧から来ている概念を取り入れているからです。

日本で適応できる部分、これからのペットのあり方、これからのプロフェッショナルのあり方、犬の飼い方など
凝縮した内容で90分、しっかり自分の意見と参加者の声を交換してみたいと思います。

関東圏にいらっしゃる犬の飼い主(オーナー)の方は、是非奮ってご参加下さい。

イギリスと日本、そして関西と関東を往復している自分にとって皆様と逢える貴重な時間を無駄にしないためにも、今から資料をせっせと作っております。

それでは、また木曜日に。

しもたく

【下記、DLDに掲載されている講師欄の様子】
http://doglifedesign.com/instructor/?no=46
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

イギリス帰国後の活動紹介 イギリス犬ツアー(旅行企画会社とのコラボレーション) [About me]

こんばんは、しもたくです。

無事、イギリスドバイ関空そして、実家に帰宅しました。

それが約2週間前

DSCN8040.JPG
僕は元気です。もっと、元気な松本秀樹さんとの写真。凄い!

一通り、諸業務(例えば、免許証の切り替えなどなど)を関西圏で終わらせて、一週間前に上京(といっても、仲町台という神奈川県の街)しました。

1週間ばかり、日本の犬の現状を色んな現場で体験しています。

ペット博(もしくはペット王国)というイベントに行ったり
ドッグプロフェッショナル(ガンドッグトレーナー)と逢って今後について語ったり
動物愛護法を考えるシンポジウムに出席したり

していました。

DSCN8044.JPG
とあるショップでの様子 子犬の社会化を率先して取り入れている

母国語での活動は本当に楽です。何でも聞けるし、何でも提案できる。とても面白い。
イギリス日本を出来るだけ近づけたくて、この先その様な役割で仕事が出来るように頑張ります。

ペット博では日本の犬事情というか、日本の犬オーナーがどういう風にペットと接しているかの端っこに触れました。正直、あまり喜ばしいものではないというのが感想ですが、これは僕らプロフェッショナルが方向性を示していないからだと僕は考えています。

DSCN8063.JPG
動物愛護法について考えるシンポジウムの様子

そんな皆さんに少しでもイギリスの犬文化を知ってほしいと思って立ち上げたこの企画。
是非、時代に先駆けて日本の犬オーナー達のリーダーになってください。

日本でも沢山、応用できる事があると僕は信じています。

今回のしもたく企画 イギリスチャリティー犬ツアーを取り上げてもらいました
http://astonrose.exblog.jp/15943472/

旅行企画会社アストンローズとのコラボレーションですが、彼らのブログで大々的に宣伝してもらいました。

また、ポチたま松本秀樹さん(まさお君・だいすけ君で御馴染み)にもイギリス・英国ツアー告知を手伝ってもらいました。

やはり人の繋がりは大切です。皆様、本当に有難う御座います。

DSCN8069.JPG
二階の窓から僕を覗く犬 こういった日常に幸せを感じます

最近、自分はの為に何が出来るかずっと考えて、色々と企画を練ったりしています。

今回の英国犬ツアーは、今後の自分の夢実現の一部です。

だからこそ、かなり気合を入れています。絶対成功させる自信もあります。
バックアップがとても良いので笑

まずは、その切欠になればと関東を中心にぐるぐると回っておりますので
是非、お手伝い頂ける方はお気軽に御連絡ください。

今後も応援、ご声援お願い致します。

しもたく
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

帰国報告と『しもたくツアー(6月末)』開催のお知らせ [About me]

先日、遂にドバイを経由して日本に帰国してまいりました。

P4161233.JPG
Norbiton ビーグル ハッチ

非常に短かった2年間は、今までの人生の中でも間違いなく濃い経験が出来ただけでなく、これからの歩み方についてとてもとても勉強になった大切な時間でした。

DSCN7696.JPG
Holland Park イングリッシュコッカースパニエル チュチュ

お世話になったイギリスの犬達、そしてイギリスの人々と一旦お別れをする為に、4月はほぼ毎日ロンドンを東西南北に往復する日々

P4171263.JPG
Hampstead Heath カナーンドッグ タマー

その度に、日本に帰国する報告今後の自分について背中を押して頂き、まさにここイギリスで僕が体験してきた2年間を濃縮させた月だったように思います。

P4101008.JPG
Eastbourne プードル サリナ

今、ここにブログを記載しながらもが出そうになります。

P4161199.JPG
Gunnersbury park ミニチュアピンシャー ニコ

それ程、素晴らしい体験が出来た事。

P4181322.JPG
Burford シーズー トルゥーリ

これ程、内容の濃い2年間を過ごせた事。

P4181380.JPG
Adderbury キングチャールズスパニエル スマーティ

本当にイギリスにいらっしゃた友人・お客様・先輩方を始めとして、日本から支えてくれた家族や友人達に感謝です。

P4151172.JPG
Ealing イングリッシュコッカースパニエル マロン

今後もこの今の気持ちを忘れずに精進して参ります。


**********************************************


そんな僕の2年間の「犬修行犬生活」の一部ではありますが、ツアー企画会社とコラボレーションして発案した

イギリス I love Dogs チャリティーツアー

をこの場を借りて皆様に提案させて頂きます。

HP I love Dogs チャリティツアー概要
http://www.astonrose-london.co.uk/service/dogstour/

ツアー内容とスケジュール
http://www.astonrose-london.co.uk/service/dogstour/schedule.php

僕自身が中学生の頃から憧れ続けたイギリスに行きたい!』という気持ちや想いは、かつての僕自身の様に多くの皆様にとって、簡単なことではないんじゃないかと思います。


*****特典①*****


まずは、言葉の参入障壁

英語が全く解らなかった時代は、ガイドがなければ情熱でしかそれを越える事は出来ません。

今回は多少ではありますが、皆様の通訳兼ガイドとして 『しもたく』 が、このツアーに同行させて頂きます


*****特典②*****


「イギリスの犬は素晴らしい」 「イギリスの犬環境や施設は本当に良く出来ている」こんな話を聞かされ続けても、百聞は一見にしかず一向に埒が空きません

気付いた時には、オックスフォードに居ましたが、それでも中々犬のプロフェッショナル達や施設に訪問する事が出来ません

2年間、僕が毎日かけて開拓した犬の施設やプロフェッショナルが沢山居る施設へご案内いたします。 是非、一緒に楽しくイギリス犬の世界を体験・勉強しましょう。


*****特典③*****


6月末のイギリスは、一年で最も温かくなり日照時間が長くなる時期

雨のロンドンもオツですが、晴れのイギリス程世界中で素晴らしい場所はありません

厳冬期を経験するのは僕だけで充分皆様には本当に素晴らしい英国の季節を屋外で満喫して頂きたい、その様な思いでこのツアーは実現されました。



本当にシンプルな想いです。

あなたがもし日本の動物好きなら、イギリスは本当に面白い場所です。

これは経験した僕が断言しても良い本当に本当に素晴らしい国です。

そんなイギリスの犬文化を、僕を通してもっともっと多くの日本人の方に知って楽しんで欲しい。

そんな情熱から生まれた企画です。

是非、奮ってご参加下さい。

皆様にイギリスでお逢いできるのを楽しみにしております。

下村拓哉

【ツアーへの申し込み・お問い合わせはこちらまで】
info@astonrose-london.co.uk
nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

イギリス(ロンドン)現地情報誌の取材記事が掲載されました [About me]

大変ご無沙汰しております。しもたく(下村拓哉)です。

先日、イギリス(ロンドン)現地情報誌であるEuroNewsという雑誌に取材記事が掲載されました。
ご協力頂いた皆様、改めて御礼申し上げます。

P2029235.JPG
記事が掲載された今月号のユーロニュース

◆ ユーロ・ニュース 概略

【発行所】日本トランスユーロ・グループ(Nippon Euro Movers Ltd.)

【対象読者】
海外在留邦人(主としてヨーロッパ在住者)を対象。
*欧州における長期在留日本人駐在員は、英国(60,000人)、フランス(10,000人)ドイツ(10,000人)、ベネルクス(10,000人)その他(5,000人)程度と見込まれております。
*これ以外に、留学生、国際結婚、長期旅行者などが20,000人程度で、合計すれば100,000人ほどがなんらかの形で欧州での長期滞在者であり、主としてこの方たちが対象の読者です。

【部数と地域版】月刊
英国版:    22,000部
フランス版:  13,000部
ベネルクス版:  4,000部

【配布先】 世界各地(約30カ国)、日本レストランなどのデポ(約200箇所)

◆記事・インタビューについて(過去、インタビューに応じられた方々)

成瀬政博(画家・「週刊新潮」表紙絵作家)、さだまさし(歌手)、内田かずひろ(漫画家)、夏木まり(女優)、島田歌穂(女優・歌手)、片山右京(F‐1レーサ)、今井義典(NHK副会長)、小川真由美(女優)、川畠道夫(バイオリニスト)、Cationa Bass(作家)、Andre Lheune(神父・作家)、Rothchild(声楽家)、黒岩義明(オリンピック騎手)小倉フランス大使、川上喜三郎(建築家),磯村尚徳(元NHKアナウンサー)庄野真代(歌手)野村萬斎(狂言師)、椎名桔平〔俳優〕、布袋寅秦(ギタリスト)村中大祐(指揮者)笑福亭鶴笑(落語家)木村孝洋(元サンフレッチェ広島監督)向井千秋(宇宙航空士)寺田朗子(国境なき医師団)、瀬川昌司(プロ棋士4段)、高尾慶子(作家)陰山英男(立命館大学)葉加瀬太郎(バイオリニスト)その他企業トップ、研究者の方々など。


P2029250.JPG
こちらが代表のご好意で掲載頂いた、自身で設立したJaCK-London英国日本人犬友会の広告です

今回は、世界各国へ配布されている事

また、インタビューが錚々たる顔ぶれで展開されている事

御紙への掲載は、ロンドンに移り日本人ドッグオーナーの皆様へお役に立てればと思い一心に努力した結果であればと願います。

これからも、より一層精進すると共にDog BehaviouringまたNatural Dog Trainingの概念の普及
日本人オーナーと犬との「絆」の強化・結合を目的として、頑張って参りたいと思います。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

P2029239.JPG
冊子のラストを飾る『国境なき人々』の連載記事に下村拓哉Dog Behaviourist が登場

最後になりましたが、FacebookJaCK-London(英国日本人犬友会)のファンページを作成致しました。

忙しい所大変恐縮ですが、下記リンクより当ページにアクセス頂き、Like(イイネ!)ボタンをクリックして応援宜して頂けましたら幸甚です

何卒宜しくお願い致します。

JaCK-London

Promote your Page too

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

メリークリスマス!~クリスマスプレゼントを添えて~ [About me]

メリークリスマス!皆様お元気でしょうか?
こちらイギリス・ロンドンは、クリスマスから1日遅れのボクシングデイです。

PC168779.JPG
可愛いスプリンガースパニエルの写真 カメラ目線です

下記の写真は知人が参加している近所のドッグトレーニングセンターから。

ドッグトレーニング楽しさをプラスさせることは、オーナーにとっても犬にとっても良い事です。


PC168618.JPG
お玉レース 走っちゃダメよ 中級レベル

PC168721.JPG
ソーセージ投げ 食べちゃダメよ 超上級レベル


クリスマス会というよりも、何か運動会や体育祭の様になっていましたが…。

普段のドッグトレーニングの成果を競い合って、我が犬の為に競う皆さんの姿は…。
とても面白かったです(笑)

PC168877.JPG
最後はサンタ登場 犬と飼い主がプレゼントを貰う


♪メリークリスマス♪ & ♪ハッピーニューイヤー♪

下のyoutube動画は僕からのプレゼントです。是非、今後ともしもたく.comを宜しくお願い致します。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ロンドンで動物看護のスペシャリストとの対談をしました [About me]

先日、ロンドンチャンセリーレーンにて、日本で動物看護の仕事をされていた方とお話しすることが出来ました。

同世代で動物のスペシャリストに逢うのは、ロンドンで初めての経験になります。とても確りした言葉で力強く、お互いから見た今後の動物・ペット業界について何時間も語りあいました。

やはり若い人と前向きな話をすると、とても力が湧きます。是非、協力して色々な事にチャレンジしていこう!という気持ちになりました。

90678e51.jpg
対談した深山美和子さんとの様子

{深山さんのご経歴}
2005年専門学校にて2年動物看護士専門過程をへて卒業。 その後、高度最先端医療機器のそろう動物病院に看護士として2年勤務。 ペットマッサージセラピストアニマルホリスティックケアカウンセラーの資格取得。 2009年 犬と人の食べられるビスケットを販売するQUETITCO QUINを始める。 今後わんこ用の首輪などのグッズを展開予定。


三重県出身の彼女とは、何故か関西弁になる事もなく…(失礼)素敵な対談をする事が出来ました。

勿論、ロンドンの犬事情についても深く話しましたし、それ以上に動物看護の専門的な意見やホリスティックケアカウンセラーとしての見方等、最先端で面白い話を聞く事も出来ました。

今、こういった若い世代の動物に関わる人たちは、現代のペット事情に何らかの疑問を持っているのだと思います。

それは単にペット業界の「悪さ」といった部分だけに留まらず、大きな意味でこれからのペット業界は変わるべきだという希望を何処か持ち始めているのではないでしょうか

僕はこういった人達と共に力を合わせて、何か日本のペット業界に一石を投じてみたいと常に考えています。
特に20代の志ある方々と協力して活気のあるイベントを興していくという事は非常に大切なのではないでしょうか。

日々の動物との活動により彩りを加えられるように。そんな力が湧いた一日でした。

深山さんのブログはこちらです
http://blog.livedoor.jp/quetitcoquin/archives/1263217.html

次はどんな方々とお逢いできるだろうか。それまでに自分の経験や腕を磨かねば。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

日欧起業家フォーラムにて ~不況下でも伸びるペット産業 英国と日本の違い~ [About me]

犬と遊んだり、犬と共にトレーニングに向かったり。楽しい毎日を過ごさせていただいておりますが、それだけでは折角大自然のコッツウォルズからロンドンに移った意味がありません。

「犬」「ペットマーケット」とは何かという伝達、そして何より「仕事と趣味の両立」「理想の暮らし方」というものを実践していくことにこそ、大都会に身を置いて活動する目的があると考えています。

3.JPG
【一緒に発表したTKさんと 同じ出身地なので、所々関西弁でプレゼン…】

昨日は待ちに待った「日欧起業家フォーラム」「若手起業家」発表日

Twitterなどで応援して頂いた方々。どうも有難うございました成功の形で無事終えることが出来ました。


起業家」というテーマに置いて、自身のPRしたい「犬との理想の生活」ということがテーマにそぐわないのではなどと考えていましたが、なんのその。参加して頂いた皆さんが、ペットマーケットだけでなくイギリスの動物問題について深く興味を持って頂いていたようで、プレゼンの最後には数多くの質問を頂くことが出来ました。

中でも多くの方から、今回のプレゼン用に特別に作った「自己紹介VTR」にお褒めのお言葉を頂き、自分自身としてもしっかりとプレゼン準備の時間を割いた甲斐があったなと実感しております。


【プレゼン発表内容概略】

:犬との暮らし方。現代の人々は何故うまく犬と付き合えないか?について問題提起しました。

英国と日本のペットマーケット(犬の数や種類など)について、雑誌・インターネットなどの情報を元に解説

:そんな両国にどんな問題・課題があり、どのようなビジネスがそれを解決しようと動いているかについて説明。また、日本・英国でのペットビジネスの起業における問題などを展開し、今現在自分自身が活動している内容を発表

日本・英国にしろ「消費者」である「ペットオーナー」自体の意識が向上している為、数多くのサービスが必要とされ、そういったプラスの意識が業界をリードしていると判断。さらには、今後ペットプロフェッショナル達がどのように動くべきかを自分なりに解説しました。


【頂戴した質問】

・何故、イギリスと日本の動物愛護、またペット事情についてこれほどの違いがあるのか?
・何故、僕自身が「犬」を仕事にしようと考えたか
・実際に質問者の自宅で起きている問題についての質問
・今後の自分自身について(日本・イギリスでどのように活動していくか?)
・どのような手段において現在のペット業界を良い物に変えていこうとするか

2.JPG
【プレゼンしている最中の様子 Dog Behaviouristについて解説してみました】

非常に楽しい空間と時間を提供して頂いたJEEF会(日欧起業家フォーラム)に感謝します。一人でも多くの方に自分のしている事、又今後の自分の理想や夢を語ることが新しい自分を創造しているのだと日々実感しております。

頂いた感想や質問を改めて噛み砕きながら、今後の「犬」の仕事に役立てて行きたいと思います。また、大勢の前で話をするという実践にもなりました。いろいろな人々へ伝導していくという仕事を選んだ自分にとってはとても良い経験になりました。

1.JPG
近所のカントリーフェアで出逢った愛想の良いコッカー 面白い毛色でした

話題は変わりますが、今週末はロンドンにてJapan祭りというイベントが開催されますイギリスにいる多くの日本人が参加するこのイベント、そこのブースでも自分のなりたい形・理想の「犬と人との生活」について発表できる場を頂くことが出来そうです。

今現在も、電車に揺られながらクライアント宅に向かっています。毎日「犬」に触れて勉強させてもらいながらも、この様に自分の「夢」を共有できるチャンスがあることが今の生活をとても充実させてくれています。

今日も楽しんで犬の散歩散歩。「犬」から元気を与えられながら、彼らや彼らのオーナーにも元気を与えられるようなDog Specialistになれるよう。日々努力、日々精進。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

犬が繋げる人の絆 ~ロンドンのとある公園にて楽しむコミュニケーションの幸せ~ [About me]

随分長らくご無沙汰しておりました:( 溜まりに溜まったネタも、今日から放出して参ります。

tolo2.JPG
先日訪れたトロとの写真 光の玉も写りイギリスは秋の様相です

ロンドンに移住してからというもの、引越しの激しさに襲われ(不動産会社が極端なイギリス会社でした)未だ散らかった部屋にてブログを更新しています。(頑張って整理整頓していきます。)

インターネット環境もブロードバンドは何週間も待つ羽目になり、急遽モバイルを申し込み。ところが、彼が届いたのは予定の1週間後。なんともイギリスらしい雰囲気に、すっかり流されてしまいました。

その間も様々な犬と飼い主達に逢うことが出来ました。と、同時にロンドンを始めとしたイギリスでのお客様も徐々に増えてきています

ほとんど毎日「犬を散歩して様子を観察する」というルーティンが。ロンドンに越してきて2週間で漸く形になろうとしています。(やはりロンドンは犬を飼っている人が多い。人も多いからペットとしての犬も多い。


***********************************************************************************************************************

本日もEalingのとある公園にて日本人の犬オーナーと立ち話。イギリスでも柴犬に逢えるなんて良いですよね。

さらには、近所のおじさん(ゴールデンレトリバーのフレディと共に)と談話地域柄や犬との絆について、さらに獣医やドッグトレーニングセンターについての話を伺う事が出来ました。(こういった情報収集がペット関係では本当に役に立ちます。機会をみて、早速紹介して頂いた施設に訪問する予定です。)

「犬が繋げる人の絆」

人と犬の強い絆の構築」という大きな軸にプラスして、今後日本でも定着させていきたい文化だと考えています。

まずは、『マナーを守った素敵な日本人ドッグオーナーズクラブのロンドン設立』を目的に。

今日も、ひたすら犬と歩み続けるのみです。

100回記念日記 【大切なお知らせ】 [About me]

DSCN7391.JPG

昨年末の日本帰国。数々のドッグスペシャリスト、また犬の飼い主とお逢いする事が出来ました。これも、英国で「犬を学ぶ」という行動あってこその産物だと思います。

願えば叶う。そして、行動する。

旅を主食としてきた私にとってイギリス2年の「犬を学ぶ」という大旅行は、かけがえのない思い出と未来を形作ってくれました

今ここに、全ての関係者に感謝いたします。本当にいつも有難う御座います。
そして、これからもどうぞ宜しくお願いします。

【コッツウォルズでの主な活動内容報告】

①ブルークロスでのドッグトレーニング実践。ビヘイビアリングの経験。そして何より多くのブリードの対応、また問題犬の対処法などを深く学べました。

②トニーオーチャードでの子犬から老犬までのトレーニングスキル。そしてユーモアと価値観を大切にして、飼い主と接するスタイルの重要性を学びました。

③その他、各種ドッグイベント(ドッグショーへの参加。ガンドッグでのスチュアート経験。←恐らく日本人初。)への参加を経験して、イギリスドッグプロフェッショナルの犬との暮し方を深く学びました。

***************************************************************************************************

しもたく犬日記は、長らく「コッツウォルズ」にある小さな町「チッピングノートン」よりお届けして参りました。

その町から15マイル、南に位置するバーフォード。自らの「犬との生活」を大きく考えさせてくれたブルークロス

東へ10マイルのアダーブリー。「犬をしつけるのではなく、自らの生活を楽しむ為にトレーニングするという概念」+「トレーニングスキルやユーモア」を学んだオーチャードドッグトレーニングスクール

いずれも信じられないほど良い出逢いと、「犬への想い」を強く強く経験させて頂きました。

明日より今年からベースとしてきた「コッツウォルズ」を去り
大都会「ロンドン」へと拠点を移す事になります。

***************************************************************************************************

私自身の「犬」に対する信念や価値観は、イギリスに来る前から常に一定でした。

「Back To The Nature」と「Smile & Thanx」

この二つを自らの人生軸に置きながら、そこにどうしても欠かせない存在である「犬」という動物

ロンドンでは、「ペットと飼い主の生き方」をとことん研究すると共に
英国人だけでなく日本人犬オーナーのサポートをする仕事を始めます

自ら培ったスキルと経験を使用して、何処まで皆様のお役に立てるか。それが非常に楽しみです。

それ以上に「犬と生活する事」の素晴らしさを提唱していきたい。そんなスペシャリストを目指します。


***************************************************************************************************

【ロンドンでの活動内容予定】

①ドッグウォーキングを中心とした「都会での英国人と犬の暮し方」の研究

②培ったスキルを利用して「日本人犬オーナーと愛犬へのビヘイビアリングとトレーニング」の実践

③世界の発信基地であるロンドンから「自らの人生観」を伝え続ける事。

確実に言える事は、私自身イギリスに来てから本当に「自分のライフスタイル」というものを見出してきたという事
犬と共に生きる」概念は自分の中で必要不可欠で、今はそれを伝道したいと強く思い始めました。

これからのロンドン生活が非常に楽しみです。

***************************************************************************************************

blog.jpg

※犬にまつわる全ての業務を「しもたく」がサポート致します※

(注)下記サポートへの料金設定はあくまで目安です。メール、またはお電話にて直接ご相談下さい。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


・ドッグウォーキング

愛犬のお散歩、ご近所の犬とのソーシャライズ(1時間 £8~15)


・ドッグトレーニング

マンツーマンでのドッグトレーニング(£25~50) グループセッション(£15~20)


・ドッグビヘイビアリング(犬の行動観察)

ご自宅での愛犬の行動観察、及び観察を通しての散歩やライフスタイルのアドバイス(£50~)


・ドッグシッティング(犬の世話全般)

ご旅行・お仕事などで愛犬のお世話が必要になった場合のサポート(£10~60 時間による)


・ドッグカウンセリング(犬を飼う事への相談)

イギリスで犬を飼う際のアドバイス、また犬種などのご相談(無料~)


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


また犬関連の記事のご依頼、イベントなどもどんどん参加していきます


ご興味をお持ち頂ける方は是非下記連絡先まで、御連絡戴ければ幸いです。


【携帯電話】07988386540 【E-mail】caninelondon@gmail.com


それでは、引き続きロンドンより「しもたく犬日記@イギリスをお届けします。

皆様、これからも何卒宜しくお願い致します

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。